イメージ画像

少ない荷物の引越しは「基本プラン+平日おまかせプラン」で大幅割引を狙え!

少ない荷物の引越しは「基本プラン+平日おまかせプラン」で大幅割引を狙え!

単身者によくある、荷物が少ないの引越しの場合、 引越し業者やプランをうまく利用すると料金も安く上がります。 どうしても人件費がかかるため底値競争になりがちですが、満足のいくサービスを受けつつ、 安上がりにできるようなプランの見極めが必要です。 基本のプランとしては、荷物が少ないの単身プランを利用します。 単身者の荷物は量が限られていますから、大きなトラックや大人数の作業員は不要です。

このプラン内に入る荷物の量であるか、 もしくはプラン内の荷物量に抑える(そのほかは処分する)ようにすればよいのです。 引越し料金の中でも単身プランは基本料金になることが多いので、 この範囲内の荷物量であれば基本料金以上の料金がかかることはありません。 この基本プランに他のプランを組み合わせることで、引越し料金がさらに安くなっていきます。 プランはいろいろですが、適用できるプランは単身者向きの内容が多いですから、 荷物が少ないの場合は組み合わせプランでどれだけ安くなるかを比較検討するとようでしょう。

組み合わせのプランとしては、早期予約割引プラン、 同市内や同地区間での引越しに適用される短距離プラン、 1tトラックと2tトラックのどちらかを選ぶプラン、引越し作業員が一人のプラン、平日引越しプラン、 引越し時間帯おまかせプランなどがあります。 引越し業者によって組み合わせができるプランが違いますが、 早期予約・平日の引っ越し・時間帯おまかせプランを組み合わせて値引きされることが多いです。 それぞれの組み合わせプランには適用条件がありますが、 2~3割程度値引きされることが多いので料金としてみると 基本プラン料金が高くてもだいぶ値引きされることになります。

さらに、トラックに積み込む荷物を、複数の顧客分を相乗りさせることで 何度も行き来しないで運ぶ方法をとっている引越し業者もあります。 これはプランとしてではなく、基本的な運搬方法として採用しています。 限られた地域を巡回するように搬送していますから、ごく少ないの荷物なら利用するのもよいでしょう。

最近の引越し業者は、ただ格安料金にすればよいというわけではなく、 顧客がどうしても譲れない部分を重点的にサービスするプランが多くなっています。 例えば荷造りの段ボールは当日に必要な分だけサービスすることを基本にし、 荷造りは顧客側で行ってもらうことを原則にすることで 引越し業者の負担を減らして顧客へ値引きとして還元しています。 不用品を処分するなど引越しの荷物を最小限にすることは当然ですが、 少ないの荷物の引っ越しなら小回りの利く業者を中心に比較検討すると安くて良いサービスが受けられます。

このページの先頭へ